今週のTERAJOBは、ビジネス座学「時間管理」「言葉遣い」です。

時間管理と言うと何を思い浮かべますか?
時間を守ると一言に行っても、
そこにはたくさんの行動、たくさんの思考の選択を行います
何をどうして良いのか分からないと
答えられる方が多いでです。

TERAJOBでは
実際にひとつの動作にかかる時間と
その動作に目安となる時間を学んでいきます。



例えば洗面にどのくらいの時間をかけていますか?
と言う質問に
●分と答えるお子様もいらっしゃいますし
考えた事がないと答えるお子様もいらっしゃいます。

どちらも間違えではありませんが
朝の支度を●●時までに完了します。とした時に
起床してから、どの動作に何分かかると時間を考えていくと
間に合わないとなってしまう回答が多くありました。

実際にかかる時間と過ぎていく時間、行動の選択が上手く同時にできていない為
焦ってしまったり、中途半端な状態で時間がきてしまう事が学べました。

予め、保護者様にご協力いただいたアンケートにて
お子様が何分くらいかかっているだろうと
思って取り組んでいる時間と
保護者様に実際図っていただいた時間とに誤差がある事も
分かりました。

その事をお子様方に伝えると
「知らなかった」「そういえば」等々さまざまな意見がでて
新たな発見となりました。
保護者様にもお子様にご記入いただいた結果を持ち帰っていただきますので
ぜひ、ご家庭でもお子様の考えている時間と、実際の時間について
お子様と共に話しあっていただきたいと思います。

ひとつひとつの動作を見直す事で
お子様自身にて、時間を効率的に使える方法を
身に着けていただきたいと思います。