「当たり前」を、一人一人が創る。

「当たり前」を
一人一人が創る。

D&IはDiversity & Inclusionの頭文字。
多様性(Diversity:ダイバーシティ)が受け入れられる
(Inclusion:受容)社会を目指しています。

私たちの考えるダイバーシティ社会とは、
性別、世代、職業、文化など、多種多様な人々が集まったとき
個々が最大限の力を発揮できる社会です。

そのために、従来の常識通りでは
実現不可能だったことを可能にする
新しい常識と社会の仕組み(「当たり前」)が必要です。

この「当たり前」を社会全体で創り上げることで
誰もが社会の真の戦力として、大きな効果を発揮でき
日本や世界全体の経済を活性化できると考えています。

ダイバーシティな社員がいるからこそ価値がある

D&Iは、様々な価値観や考え方、バックグラウンドの人たちが働ける風土があります。
年齢でみれば、下は大学生、上は65歳までいますし、男女比もおおよそ1:1で、聴覚、あるいは身体に障害のあるメンバーも働いています。
例えば、意欲や業務への適性をふまえた場合、聴覚に障害があったとしても、同じく聴覚に障害のあるお子様の学習指導を手話で出来ること、は、他の従業員誰よりも勝っていたりします。
私たちは、メンバーのひとりひとりが異なる力を持つ戦力であり、日々、自分自身の強みを生かし、それぞれが挑戦を積み重ねています。

MISSIONページへ

Copyright D&I,Inc. All Rights Reserved